このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第119回

ドコモ一人負け? ahamoヒットで収入減

2021年08月11日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクという携帯電話3社の決算が出そろった。各社とも3月にオンライン専用プランをスタートさせたことで収益に与える影響が気になるところだ。実際に、ユーザーの動向を含めて、収益にどんなインパクトがあったのか。

 NTTドコモ「amamo」を皮切りに、ソフトバンクが「LINEMO」、KDDIが「povo」を投入。いずれも3000円を切る料金で20GBのデータ容量が使えるのが特徴だ。

 3社のオンライン専用プランのうち、最も人気があるのがahamoだ。NTTの澤田純社長によれば、すでに180万契約を突破しているという。オンライン専用プランとしてはahamoが最初に発表され、世間に衝撃を持って迎えられた。澤田社長は「ドコモということで通信品質が良く、使いやすいという意見が多い。タイミングとユーザーのニーズに合ったサービスだったのではないか」と分析している。

 ユーザー属性に関しては「ドコモからの移転が多いが、他社からのMNPもそれなりにある」(澤田社長)とのことだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン