このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第72回

はたして黒字化できるのか:

楽天モバイル「捨て身覚悟」の対抗策

2020年04月13日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●楽天モバイルショップは胸なでおろす

 今回のプラン改定で、ホッとしているのは全国にある楽天モバイルショップではないか。

 これまでMVNOの楽天モバイルでは競争力のある料金プランでユーザーを増やしていたが、4月7日でMVNOのプランは新規受付終了となっていた。つまり、楽天モバイルのショップは4月8日以降、「楽天エリアなら使い放題だが、エリア外は2GBで2980円」

 という、たった一つのプランしか売れなくなっていた。

 まだ、都内など、基地局が立てられている場所であればいいが、東京、大阪、名古屋以外の楽天モバイルショップは「月額2980円でほぼ2GBしか使えないプラン」だけをこれから売らなくてはいけないところであった。

 しかし、楽天モバイルがサービス内容を改定したことで「月額2980円でほぼ5GB、超過しても1Mbpsの速度」といいう他社にもなんとか対抗できるプランを売ることができるようになったというわけだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン