このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第49回

ポイントは改正電気通信事業法:

アップル新型iPhoneお買い得なのは9月末の「10日間」?

2019年08月08日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●営業サイドは積極的に売りたい

 その点について宮内社長はあわてながら「発売日は誰も知らないのだが、(仮に9月20日だと)変なタイミングになるので、前倒しにした方がいいと思う。業界全体で協調してやれればと思う」とした。

 つまり、ソフトバンクだけでなく、KDDIも一緒に、半額サポートやアップグレードプログラムでは売らず、10月1日を待たずに新しいiPhoneから新しい売り方にすべきという考えを明らかにしたのだ。

 とはいえ、現在でも週末の家電量販店などでは、法改正前にユーザーを囲い込もうと、派手な端末割引が横行している。

 キャリアの営業サイドとしては、10日間でもユーザーを4年割賦で契約させることができれば、さらにユーザーを長期間、囲い込めることができるので、本来であれば積極的に売っていきたいはずだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン