このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第264回

この逆転劇はCPUの歴史に残る

シングルスレッドもインテル超え!第3世代Ryzenは遂にメインストリームの頂点に

2019年07月07日 22時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年7月7日19時、AMDのZen2アーキテクチャーを使用した新メインストリーム向けCPU「第3世代Ryzen」の販売が始まった。AMDはずっと昔からインテル製CPUよりも安価でコストパフォーマンスの良いCPUを出すことを基本戦略としてきた。特にデュアルコア化して以降安価でコア数の多いCPUというコンセプトを打ち出したが、Zenアーキテクチャーへ移行してからというもの、Ryzenはそれまで揺るがなかったインテル製CPU一強時代を根底から覆し、つい先日国内における販売台数シェアを逆転するという快挙を成し遂げた。

 背景にインテルの戦略ミスによる供給不足や脆弱性問題という後押しがあったとはいえ、第1世代・第2世代Ryzenの傑出したコストパフォーマンスがなければここまでの結果を出すことができなかった、といえるだろう。

 今回発売された第3世代Ryzenは業界初の7nmプロセスで製造された製品。「Ryzen 9 3900X」を筆頭に「Ryzen 7 3700X」「Ryzen 5 3600X」「同3600」の合計4モデル。さらにコアの設計が1世代古い(Zen+)低価格向けの「Ryzen G」シリーズから「Ryzen 5 3400G」「Ryzen 3 3200G」も販売が解禁される。「Ryzen 7 3800X」は記事執筆中に聞いた話だと諸般の事情により7月7日に間に合わないという可能性があるという、一方ハイエンドの「Ryzen 9 3950X」は9月発売とアナウンスされている。

 今回はAMDから各メディア提供されたレビュアー向けキットに触れる機会に恵まれた。ただ今回テスト用に提供されたCPUは「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」のみ(各キットで共通)であったため、第3世代Ryzenの他のモデルの性能検証は別の機会に行ないたい。

レビュアー向けキットに入っていたCPUを収める化粧箱。中には検証に使えるCPUが2つ入っていた。こういう本来の製品にないモノにコルのは近年のAMDの傾向だが、これもSNS映えを重視する時代の流れなのだろう……
Ryzen 9 3900X(左)とRyzen 7 3700X(右)の化粧箱。3700Xはこれまでの化粧箱とほぼ同じだが、3900Xは最上位だからなのか、同じ紙製でもかなりカチッとした作りになっている。同梱されるクーラーは全く同じだ
テストに使用したRyzen 9 3900X(左)とRyzen 7 3700X(右)。外見はこれまでのRyzenとほぼ同じ。ただ左下スミにある金色の▼マーク(ソケット装着時の目印となる)が前世代と比べ非常に小さくなってしまった
Ryzen 7 3700X(左)とRyzen 7 2700X(右)のマークを比べてみた。第3世代の方がより小さくなったことがわかる

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

この特集の記事