このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

最新パーツ性能チェック 第263回

第二の人生を歩むため自宅PCをCore i9-9900Kに新調した話

2019年07月04日 18時30分更新

文● 松野将太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Core i9-9900Kのおかげで
ゲーム配信の画質もアップ!

 最新世代のPCに乗り換えたということで、ゲームのフレームレートだけではなく、配信でどの程度画質を向上させられるかも気になります。現在のストリーミングシーンでは解像度720p、ビットレート3000kbps前後でのリアルタイム配信が一般的ですが、配信ソフトウェアの設定から「エンコーダープリセット」を変更することで、同じ解像度・ビットレートでも画質を上げられるのです。

 つまり、プリセットによってCPUエンコード時の負荷が大きく変わってくるため、ハイエンドCPUであればあるほど画質を上げやすいわけです。

「XSplit Broadcaster」におけるエンコーダープリセットの設定画面。「fast」側から「slow」側に行くほど圧縮率が高くなり、画質が向上します。以前はslowが上限でしたが、最近になってさらに3つのプリセットが増えました。正直こんなに使いきれません。

プリセット「veryfast」での配信画面。細かなディティールが潰れて眠い画質になっています。

「slower」での配信画面。ディティールの潰れが抑えられており、同じ解像度でも画質がいいです。左手側の岩や遠景の山などを見るとわかりやすいですね。

 ちなみに、配信中はCPU使用率が100%に近づくと画面のカクつきが起きてしまうため、CPU使用率が90%以下に収まるようエンコーダープリセットを調節するのがベターです。では、実際に検証用PC(Core i9-9900K)と比較用PC(Core i7-4790K)で、エンコーダープリセットごとのCPU使用率を見てみましょう。テストでは「Apex Legends」をプレイしつつ、XSplit BroadcasterからTwitchに動画を配信しています。

プリセット「veryfast」適用時のCore i9-9900K(左)とCore i7-4790K(右)のCPU使用率。

プリセット「fast」適用時のCore i9-9900K(左)とCore i7-4790K(右)のCPU使用率。

プリセット「medium」適用時のCore i9-9900K(左)とCore i7-4790K(右)のCPU使用率。

プリセット「slow 」適用時のCore i9-9900K(左)とCore i7-4790K(右)のCPU使用率。

プリセット「slower」適用時のCore i9-9900K(左)とCore i7-4790K(右)のCPU使用率。

 Core i7-4790Kではveryfast時のCPU使用率が70%前後で、fast時に80%、Mediumで限りなく100%に近づき、配信画面がカクつき始めます。それ以上のプリセットではほぼ100%張り付きになってしまい、まともに配信できません。

 一方のCore i9-9900Kでは、veryfast時のCPU使用率が60%程度、fastからmediumに進むにつれて使用率は上がっていくものの、mediumでもおおむね70%前後とかなり余裕があります。slowでは80%前後の使用率となりますが、時折使用率が90%以上に跳ねる場面も見受けられました。非常に重いslowerを適用することで、ようやく使用率が100%に張り付きます。

 Core i9-9900Kはさすがにコア数が倍になっただけあり、Core i7-4790Kと比べて大きなアドバンテージがあると言っていいでしょう。現実的にはmediumでも画質的に十分だと言われていますので、プリセットをmediumに設定しておき、カクつきの心配なく安定運用していくのが良いかもしれません。

まとめ:もはやベンチマークからは逃げられない

 実際に細かく検証をしてみると、常用していた自宅のPCがいかに時代から取り残されていたかがよくわかります。独立初日にベンチマーク機材を購入しに行ったのは正しい判断でした(「もっと早く買い替えろ」って話なのですが……)。

 この仕事をしていると、PCを組み替えない割になぜか自腹購入した新しい世代のCPUが部屋に転がっていたり、特定のパーツのストックだけがやたら増えていたり、とにかく感覚がおかしくなってくるので、ここでいったんリセットして、常に最新世代の環境を整えることにしたいと思います。

 独立後初のベンチマーク記事は以上です。今後は、「業界最後の若手ライター」なんて呼ばれないようPC業界を盛り上げる努力をしつつ、目の前の「CINEBENCH」や「3DMark」に真摯に取り組んでいきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします!

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中