このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第263回

第二の人生を歩むため自宅PCをCore i9-9900Kに新調した話

2019年07月04日 18時30分更新

文● 松野将太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

とにかくCPUが足を引っ張る旧PC……
グラボの性能を引き出すなら最新CPUに限る

 「デビル メイ クライ 5」のテストでは、画質を最高に設定し、ミッション3「空飛ぶ狩人」の開始から1分間のフレームレートを「OCAT」で計測しました。

「デビル メイ クライ 5」1920×1080ドット時のフレームレート。

「デビル メイ クライ 5」2560×1440ドット時のフレームレート。

「デビル メイ クライ 5」3840×2160ドット時のフレームレート。

 最新タイトルながら比較的軽量な本作は、フルHDであれば検証用PCでは平均200fps超えを達成できました。一方で、RTX 2080 Ti搭載時の比較用PCは平均142fpsと、やはり検証用PCとは大きな差があります。

 とはいえ、GTX 1060搭載の比較用PCでもフルHDで平均約85fps、WQHDで平均約63fpsとギリギリではありますが、WQHDでのプレイが現実的なラインなのでミドルクラスのPCゲーマーにとっては嬉しいポイントかもしれません。

 最後に「Battlefield V」のテストです。画質は「最高」で、APIは比較のためにDirectX 11を選択。シングルプレイ「大戦の書」の「北極光」ステージで、一定コースを移動した際のフレームレートを「OCAT」にて計測しました。

「Battlefield V」1920×1080ドット時のフレームレート。

「Battlefield V」2560×1440ドット時のフレームレート。

「Battlefield V」3840×2160ドット時のフレームレート。

 グラフの傾向はこれまでのタイトルとほぼ同じです。最新のヘビー級タイトルなので、やはり比較用PCのフレームレートは平均でも60fpsに届きません。ここまでの結果を見ると、さすがに4年前のPCでは最新環境での快適なパフォーマンスは望めず、まるごと買い替えてしまうのがベストな選択であると言うほかないでしょう。

 GPUだけを高性能なものに乗せ換えるのはいちおう有効ですが、それでは本来想定されている性能が発揮できないということは覚えておく必要があります。

 ちなみに検証用PCでAPIにDirectX 12を適用した場合、このグラフよりもフレームレートは大きく向上します(フルHDで平均163.012fps、4Kで平均77.54fps)。Windows 10であれば、よりハードウェアの性能を引き出しやすいDirectX 12環境でのプレイをおすすめします。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中