このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第77回

「Azure Data Box Disk」がGA

Azureのビデオ解析AI「Video Indexer」に自動でトピックを推論する機能

2019年01月21日 08時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。2019年初回となる今回の記事では、2018年12月23日~2019年1月12日の3週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:Azure Data Box Disk、Azure Data Box Blob Storage

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Data Boxファミリ」は、大量のデータをAzureに移動するためのアプライアンスです。

 Azure Data Boxファミリの1つである「Azure Data Box Disk」は、Microsoftから最大5個まで送付される、USB/SATAインターフェイスを備えた4TB、または8TBのSSDディスクです。Azure Data Box Diskにデータをロードし、Microsoftに送付することで、Azure Storageにそのデータをオフライン転送できます。

 今回、Azure Data Box DiskがGA(一般提供)になりました。現在は、米国、ヨーロッパ、カナダ、オーストラリアで利用可能です。今後、その他のリージョンもサポートされる予定です。

 新機能「Azure Data Box Blob Storage」がパブリックプレビューになりました。Azure Blob StorageのREST APIを使ってデータをAzure Data Boxにコピーできます。これによって、SMBやNFSに加えて、RESTでもAzure Data Boxにアクセスできるようになります。

Azure Data Box Disk

Azure Site Recovery:UEFIサポートなど、Update Rollup 32

 Azure Site Recoveryは、様々な環境のVMや物理サーバー間のディザスターリカバリー(DR)/移行サービスです。

 Azure Site Recoveryで、次の新機能がサポートされました。

  • ブートタイプがUEFIの物理サーバーをサポート
  • Linuxディスクのサポートを強化
  • AWS上のVMのゲストOSの対応範囲を拡張

 詳細は以下のブログポストを参照してください。

 10月にリリースされていたUpdate Rollup 30に続いて、Azure Site Recoveryのエージェントやプロバイダー向けのUpdate Rollup 32がリリースされました。

Azure Kubernetes Service (AKS):12月のアップデート

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)で、次のアップデートが行われました。

  • コンテナーランタイムとしてMobyを採用
  • クラスタープロビジョニング時間を削減
  • Stream Watcherのエラーを修正
  • kube-dnsルックアップの問題を修正

 詳細は以下のブログポストを参照してください。

Azure App Service:Linux上のPython 2.7、PHPランタイムのアップデート

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 2018年12月に、App Service on LinuxのPython 3.6、3.7のサポートが、パブリックプレビューになっていました。これによって、カスタムのDockerコンテナーを使うことなく、Linux上でPythonアプリケーションを実行できるようになります。

 パブリックプレビュー発表時に予告されていた通り、今回、Python 3.6、3.7に加えてPython 2.7がサポートされました。

 2018年11月のアップデートに続いて、1月に、Azure App Serviceが組み込みで提供しているPHPランタイムの5.6、7.0、7.1、7.2がそれぞれ5.6.39、7.0.33、7.1.25、7.2.13にアップデートされます。

Azure Blockchain Workbench:1.6.0がリリース

 Azure Blockchain Workbenchは、Azure上でのブロックチェーンアプリケーション構築を支援するサービスです。

 2018年11月にリリースされていた1.5.0に続いて、Azure Blockchain Workbench 1.6.0がリリースされました。

 次の新機能があります。

  • アプリケーションのバージョン管理
  • 出力メッセージングAPI
  • コントラクトのコードでWorkbenchBaseクラスが不要に
  • Azure Blockchain WorkbenchのUIでの、Azure Blockchain Workbenchのアップデートの通知

 詳細は以下のブログポストを参照してください。

Azure Blockchain Workbenchでの、アプリケーションのバージョン管理

Visual Studio App Center:プッシュ通知のUnityサポート

 Visual Studio App Centerは、iOS、Android、Windows、macOSアプリケーションのビルド、テスト、配布、監視のためのサービスです。

 Visual Studio App Centerのプッシュ通知機能で、Unityがサポートされました。

Visual Studio App Centerのプッシュ通知

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
FIXER Tech Academy