このページの本文へ

会話ができ、能動的にサービスを提供できるパーソナルロボット「HACO」

弱冠17歳が率いるロボットベンチャー! 次世代情報端末としてのロボットを開発

2017年05月09日 17時40分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Yokiは5月7日、コミュニケーションロボット「HACO」を開発していると発表した。

 HACOは、PCやスマホなどの画面に依存しない、能動的にサービスを提供できる次世代情報端末としてのパーソナルロボットだ。身振り、手振り、会話によるコミュニケーションができるほか、ダンスをしたり、料理のレシピを教えてくれるという。

木製の小さなロボット
Raspberry Piを搭載。価格は3万円代を予定

 汎用パーツやオープンソースを活用により、低価格と高いカスタマイズ性を実現するとしている。

 「一家に1台」ロボットを普及させることを目指しプロジェクトを進めているという。数ヵ月以内にクラウドファンディングにて先行販売を開始する予定とのこと。

株式会社Yoki 代表取締役社長 東出風馬(ひがしで ふうま)。1999年、東京生まれの現在17歳

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ