このページの本文へ

Wi-Fi経由で名刺両面を直接スマホにデータ化

名刺の読み取りがよりスピーディー「Wantedly People」が「ScanSnap」と連携

2017年02月24日 14時05分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウォンテッドリーは2月21日、名刺管理アプリ「Wantedly People」について、PFUのドキュメントスキャナー「ScanSnap」と連携すると発表した。

 Wantedly Peopleは、最大10枚の名刺をスマホのカメラが読み取ることで、AIがリアルタイムで解析。瞬時にデータ化できるのを特徴としている。また、読み込んだ名刺の持ち主が「Wantedly」のアカウントを持っている場合、その情報と同期する機能を持つ。

0.5秒に名刺1枚のペースでスキャン

 今回の連携により、ScanSnap(iX100、iX500)が名刺をスキャンすることで、Wi-Fi経由で直接スマホに名刺両面の情報を取り込めるようになった。


カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ