このページの本文へ

記念で金箔モデル当たるかも?

ドキュメントスキャナー「ScanSnap」の世界累計出荷が400万台突破

2016年11月16日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ScanSnap」シリーズの全世界累計出荷台数が400万台を突破した

 PFUは11月15日、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの全世界累計出荷台数が400万台を突破したと発表した。

 ScanSnapシリーズは書類のPDF化に適したドキュメントスキャナー。初代モデルの発売は2001年で、今年で15年目になる。同社の開発チームは、同「お客様の仕事や生活においてScanSnapシリーズがこれほど活躍していることを非常に嬉しく思います。これからも感謝の気持ちを忘れることなく、お客様のご要望にお応えするイノベーティブな製品を提供してまいりたいと思いますので、ScanSnapの更なる進化にご期待ください」とコメント。

 なお同社では記念として、同社の創業地である石川県金沢市の伝統工芸である「金沢箔」をあしらった「ScanSnap iX500」などが当たるキャンペーンも実施する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン