このページの本文へ

店舗の増加と既存店舗の規模拡大でユーザーも自然に増加

ショッピングモールアプリ「BASE」100万ダウンロード突破

2017年02月24日 13時15分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BASEは2月21日、ショッピングアプリ「BASE」の100万ダウンロード突破を発表した。

 BASEは、個人、法人、地方自治体が利用できるネットショップ開設サービス。また、開設された店舗の商品が購入できるショッピングモールアプリを提供するEコマースプラットフォームでもある。

 2013年にアプリの提供を開始。当初は店舗の商品を紹介するカタログとしての役割がメインだったが、その後店舗の商品販売を促進するために、簡易な決済環境で商品が購入できるショッピングアプリとしてリニューアルした。

 毎月1万店舗を超えるネットショップが開設されており、店舗の増加と既存店舗の規模拡大と共に、アプリを利用する購入ユーザーも自然に増加しているという。結果、2月に100万ダウンロードを突破した。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ