このページの本文へ

スマホで代金の請求と支払いできるサービス

BASEが支払いアプリ「PAY ID」提供、30万加盟店の対面決済と個人間決済可能に

2017年06月28日 13時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BASEは6月27日、30万加盟店での対面決済と、ユーザー同士の個人間決済で使えるiOS向け支払いアプリ「PAY ID」を提供開始した。

 PAY IDは、スマホで代金の請求と支払いができるサービス。同社提供のオンライン決済サービス「PAY.JP」導入事業者およびネットショップ作成サービス「BASE」の店舗も、ユーザーに対してQRコード使用の対面決済が提供できるようになった。

「PAY ID」加盟店事例

 また、PAY ID登録ユーザー同士の個人間決済も可能。物品の販売、イベントの参加費用など、決済の対価が証明できる場合に限り利用できる。請求時は、請求内容を証明するために画像のアップロードが必須。個人間決済で受け取った代金は残高として表示され、加盟店・事業者への支払いやほかのユーザーへの支払いに充当できるという。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ