このページの本文へ

手を動かすリハビリテーションなどの応用が可能

VRからリハビリまで応用可、手の触角再現デバイス「EXOS」

2017年01月18日 15時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 exiiiは1月18日、外骨格型の力触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表した。

 EXOSは、内蔵するモーターによりユーザーの手指に反力を与えることで、実際に物に触れたような感触を再現できるという。VRを使用したゲームや、ロボットの遠隔操作、手を動かすリハビリテーションなどの応用が可能だとしている。

 製品独自の外骨格機構はガタや歪みを抑え、関節角度や力を正確に伝えることができるという。また、義手開発の知見に基づいて配置された4ヵ所の関節は、摘まみや握りといった手の基本的な動作を十分にカバーできるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ