このページの本文へ

バーチャルオブジェクトを掴む・触れる動作が可能に

触覚デバイス開発のexiii、「CADデータに触れる」システム開発

2018年03月01日 12時30分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 exiiiは2月28日、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を活用した、「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発したと発表。

 既存のVRにEXOSを組み合わせることにより、視覚と触覚を組み合わせた直感的なレビューを可能としている。「ハンドルやバックミラーの位置はどのくらいにあるのだろうか」「運転席からボタンは押しやすいのだろうか」といったインテリアデザインのVR確認において、モックアップに匹敵するレベルの検証ができるようになるという。

 新車開発にVRを本格導入している日産自動車グローバルデザイン本部は、カーデザインプロセスの早い段階での、よりリアルなデザイン検証について同システムの活用を検討している。

 exiiiは同技術により、3Dシミュレーションによる早期の課題発見や、完成イメージとのギャップの最小化、デザインプロセスの短縮などのメリットの提供を目指すという。

 また今回の発表と同時に、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS Wrist DK1」「EXOS Gripper DK1」を活用し、新たなXRコンテンツ開発を推進するパートナーデベロッパーを世界中から募集する。

「EXOS Wrist DK1」
「EXOS Gripper DK1」

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ