このページの本文へ

他名刺サービスからのデータ移行にも対応

名刺管理アプリ「Wantedly People」Android版をリリース!

2016年12月13日 11時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウォンテッドリーは12月13日、ビジネスマン向け名刺管理サービス「Wantedly People」のAndroid版および、ほかの名刺管理サービスからWantedly Peopleへのデータ移行ができる機能の提供開始を発表した。

 Wantedly Peopleは、AIが最大10枚の名刺をリアルタイムで解析し、瞬時にデータ化できるアプリ。また、読み込んだ名刺の持ち主がWantedly上にプロフィールを登録している場合、そのプロフィール情報を連絡先の情報と同期する機能を内蔵。

 そのほかにも、一定時間で使用不可となるURLを利用した、オンライン上での名刺の貸し借りや、登録している名刺を名前、企業名、役職名で検索できる機能を搭載している。

 今回、先行して提供しているiOS版に加え、新たにAndroid版をリリース。iOS版同等の機能を持つ。

 データ移行機能は、ほかの名刺管理サービスで登録しているデータをPCの特設ページ上で、インポートすることができる。そのほか、汎用的なCSVファイルでのインポートも可能。これにより、デジタル化した名刺データの一括取り込みが容易になるとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ