このページの本文へ

4Kの360度映像、ヘッドセット上で8Kでのバーチャルツアー

DroneAgent、機体が映り込まないドローンVR空撮コンテンツ制作開始

2016年11月02日 10時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FLIGHTSは10月31日、オンデマンドドローンサービス「DroneAgent」にて、VR空撮コンテンツの撮影・制作の提供を全国で開始すると発表した。

 海外ではすでにVRのコンテンツ制作に特化したドローンが販売されているが、国内ではいまだ発売されておらず、同社にドローンVR空撮の依頼が数多く寄せられた。そのため、独自の機体製作から360度空撮に取り組んできたという。

 DroneAgentのVR空撮は、10台のカメラをドローンの上下に搭載。ドローン機体が一切映り込むことなく、映像を見ることができる。

 同社は今回、「じゃらんnet」の制作コンテンツである「熱海海上花火」の打ち上げシーンの撮影・空撮シーンの撮影・編集に協力。YouTube版、Facebook版に先駆けて、サンプル版が先行公開されている。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ