このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2016第7回

知ったかできる自作パーツ基礎知識【マウス/キーボード編】

2016年08月17日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 久々に自作PCに挑戦しようとする人のための応援企画として毎年お届している「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情」。今回も、2015年から2016年にかけて登場した新製品をおさらい。

 久しぶりにパーツショップを訪れても戸惑うことなく買い物を楽しむために、ここはひとつしっかりと勉強をしてから自作に臨みたい。それではさっそく、PCパーツの最新トレンドを振り返っていこう。

 最終回となる第7回はマウス/キーボード編。言うまでもなく使用頻度が一番高いデバイスだけに非常に重要。自分に合わない製品を使い続けた場合、肩こりや疲れ目など思わぬ障害を引き起こす可能性もある。PCのスペック以上に重要といっても過言ではないだろう。最新モデルをチェックしてお気に入りの1台を見つけてもらいたい。

2015年から2016年の最新マウス事情

 e-SPORTSの普及とともに、ここ最近一気にその種類を増やしているのがゲーミングマウスだ。形状はもちろん、機能や価格は多種多様。中には2万5000円を超えるハイエンドな製品まで発売された。またRGB機能をはじめとした発光ギミックを備えたモデルも多く、高機能で派手というのが最近のトレンドかもしれない。

かぶせ持ちスタイルのゲーマーの要求に応えるべく開発されたというZOWIE GEARのゲーミングマウス「ZAシリーズ」。サイズ違いで「ZA11 BLACK」、「ZA12 BLACK」、「ZA13 BLACK」(大きい順)の3モデルが用意されるロジクール製ハイエンドシリーズ「MX」ブランドのフラグシップモデル「MX Anywhere 2」。Darkfieldレーザーセンサーによって、ガラステーブルや光沢のある表面などでも、精確かつスムーズに使用することが可能
世界最高の精度を誇る「5G laser sensor」を搭載し、最大解像度16000dpiを誇るゲーミングマウス「Razer Mamba Tournament Edition」。1680万通りのカラーとエフェクトを設定できるのも特徴サイドボタンやグリップをカスタマイズできるROCCATのゲーミングマウス「Nyth」。側面にモジュール式のサムボタンエリア搭載。付属の33個のサイドボタンを使った自由なカスタマイズが可能だ
ジェスチャー操作に対応するナビゲーションボタンを搭載したロジクール「M337」。マウスを上下左右に動かすことで、ジェスチャー機能を使用できる平面にバーチャルマウスを投影する上海問屋の「プロジェクションマウス」。約4cm前方にバーチャルマウス(操作エリア)を投影。指でタッチすることで、さまざまなマウス操作が可能になると言う近未来風の操作がウリ
「のせ心地」までを追求したエレコム製ワイヤレストラックボール「M-XT2DRBK」とワイヤードタイプの「M-XT2URBK」。まるで手のひらの形がそのまま映し出されたかのような「のせ心地」を実現。指、手のひら、手首にかかる負担を軽減するクリック感度を調節できる“クリックフォース機能”を搭載するワイヤレスとワイヤード両対応のゲーミングマウス「Razer Mamba 2016」。付属の六角レンチで、左右クリックボタンの荷重を15段階(約45~95g)の間で調節できる
両サイドパネルは着脱式で、付属の交換用パネルを使えばサイドボタンあり・なしを自由に変更できるROCCATの両利き用ゲーミングマウス「Kiro」。ロゴのイルミネーションは1680万色から選択可能19個のボタンと2つのホイールで構成されるエレコムのMMORPG向けゲーミングマウス「M-DUX70BK」。無線接続用のマイクロレシーバーを搭載しており、マウスを有線・無線で2台の別々のPCに接続し、それぞれを同時に操作できる
12個のメカニカルサイドボタンを備えるCORSAIR製のMOBA/MMO特化型ゲーミングマウス「SCIMITAR RGB」。ロックを解除することで、前後8mmの範囲でサイドボタンの位置調整できるため、自分好みのポジションに合わせて使える左サイドにズラリと並んだ12連サムボタンが特徴的なRazerのMMO向けゲーミングマウス「Razer Naga Chroma」。マルチカラーに対応したイルミネーション機能「Chroma」でマウスが発光する
販売価格が2万5650円(発売時)という非常に高価なMad Catzのゲーミングマウス「R.A.T. PRO X Ultimate Gaming Mouse」。アルミよりも更に34%軽いマグネシウム合金素材を採用、細部にわたってユーザー好みのカスタマイズができる販売価格が約2.3万円(発売時)という非常に高価なゲーミングマウス「プロフェッショナルグレード ワイヤード/ワイヤレス ゲーミング マウス」。マウス接地面の摩擦を最小限にとどめながら、マウス操作時の安定性を損なわずに実現させた107gの超軽量設計が特徴
マウス以外にも、キーボードやテンキー、スマートフォンなどを自由に置ける超ワイドサイズのマウスパッド「ARCHISS Massive Desktop Mat」Mionixの布製マウスパッド「Sargas」シリーズ。サイズ違いで全5モデル、最大で「SARGAS XXL」(1200×500mm)が用意される
高速なマウス操作を可能にする滑らかな表面加工の「COUGAR SPEED 2 Mouse Pad」と、高精細なマウス操作を可能にする適度な抵抗感のある表面加工の「COUGAR CONTROL 2 Mouse Pad」2モデル3層の複合素材で構成されているゲーマー向けマウスパッド。国内ではパソコンショップアークの独占販売となる製品で、サイズや厚みにより全4モデルがラインナップ。価格も安め

【関連記事】

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中