このページの本文へ

Razer「Razer Mamba Tournament Edition」、「Razer DeathStalker Chroma」

1680万色から発光色を選べるRazer製マウスとキーボード

2015年09月30日 23時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、多彩なイルミネーション機能を備えるゲーミングマウス「Razer Mamba Tournament Edition」とキーボード「Razer DeathStalker Chroma」が発売された。

Chromaライティング機能搭載のハイエンドマウス

最大解像度16000dpiを誇るゲーミングマウス「Razer Mamba Tournament Edition」。

 「Razer Mamba Tournament Edition」は、世界最高の精度を誇る「5G laser sensor」を搭載し、最大解像度16000dpiを誇るゲーミングマウス。最大1DPI刻みでトラッキングし、最大0.1mmの精度でカットオフからリフトオフへの距離をトラッキングできるとしている。

 サイズが70(W)×128(D)×42.5(H)mmの本体は、ゴム製のサイドグリップを備えた右利き用人間工学に基づくデザインを採用。そのほか、最大トラッキング速度210IPS、最大加速度50Gで、個々にプログラム可能な9個のHyperesponseボタンを搭載。

 スクロールホイールやスライドストリップを発光できるChromaシリーズのイルミネーション機能に対応し、1680万通りのカラーとエフェクトを設定できるのも特徴だ。

スクロールホイールやスライドストリップを発光できるChromaシリーズのイルミネーション機能を備える
価格ショップ
「Razer Mamba Tournament Edition」
¥12,441パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
¥13,824ドスパラ パーツ館

薄型チクレット型ゲーミングキーボード

薄型チクレットキートップを採用するゲーミングキーボード「Razer DeathStalker Chroma」

 「Razer DeathStalker Chroma」は、キーからキーへと指を滑らかに運べるなど素早い動作が可能な、薄型チクレット(アイソレーション)キートップを採用するゲーミングキーボード。10キーロールオーバーやアンチゴースト機能、フルプログラム可能なキーとOn-the-flyマクロ登録機能もサポートされる。

 Razer Synapseを使った1680万色のカラーオプションを備えたChromaライティング機能は、キーボードを3つのエリアに分け、それぞれ違うエフェクトやカラーの設定に対応。各種ゲーム用にプリインストールされたライティング効果など、自分だけのカスタム仕様にすることが可能だ。

 サイズは214(W)×460(D)×21.4(H)mmで、重量は1086g。キー配列は英語となる。

リストレストを備える本体は薄型。キーボードを3つのエリアに分けライティング設定ができる
価格ショップ
「Razer DeathStalker Chroma」
¥13,413パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
¥14,904ドスパラ パーツ館

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中