このページの本文へ

ROCCAT「Kiro」

組合せ自由自在! カスタム可能なゲーミングマウス「Kiro」

2015年12月25日 22時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ROCCATから、両利き用ゲーミングマウス「Kiro」が登場している。サイドパネルを交換することで、ユーザーが好みの構成にカスタム可能なマウスだ。

サイドパネルを交換することで、ユーザーが好みの構成に変更できる両利き用ゲーミングマウス「Kiro」

 「Kiro」は左右対称デザインの両利き用ゲーミングマウス。両サイドパネルは着脱式で、付属の交換用パネルを使えばサイドボタンあり・なしを自由に変更できる。

 センサーは2000dpi対応の“Pro-Optic R2”で、オーバードライブモードにより4000dpiまで拡張可能。ボタン構成は左右クリック、センターホイール、センターボタン、両サイド各2個の最大8ボタンで、32bit ARMプロセッサと内蔵メモリーによりマクロ登録にも対応する。

両サイドパネルは着脱式で、付属の交換用パネルを使えばサイドボタンあり・なしを自由に変更できる

 そのほか、オリジナルソフトROCCAT SWARMでは、ロゴのイルミネーションを1680万色から選択可能で、カラーパターンの変更も簡単にできる。インターフェースはUSB 2.0でポーリングレートは1000Hz、加速度20G。サイズは67(W)×120(D)×30(H)mmで、重量は103g、ケーブル長1.8mとなる。

 価格は6282円(税抜)で、パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

サイドボタンなし状態。センサーは2000dpi対応の“Pro-Optic R2”を採用する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中