このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! 第33回

「iPhone 6 Plus」痛化! - 今こそ広大な背面を活かせ!!

2014年09月20日 11時00分更新

文● 林佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前も後ろもラウンドフォルムで
シール貼りがひと苦労

 iPhone 6シリーズは、iPhone 5の角張っていた部分に丸みを持たせたようなデザインで、製品全面にシールを貼るのは難しい。また前面部もラウンドフォルムになっており、ケース選びにしても保護フィルム選びにしても、iPhone 5sのようにはいかなくなっている。

 たとえば、先に触れたようにフロント部がラウンドフォルムなので、端までピッチリ保護フィルムを貼るわけにいかず、端を余らせるほかない。そのため、強化ガラスをうたうディスプレー保護製品もその影響を受けるだろう。シールの場合も同様で、端までジャストのサイズにするとめくれやすくなる。機能性を維持しようとすると、やはり端を余らせておくしかない。

 今回は、そういったポイントを念頭にAppleが配布する「Apple デバイス用ケースの設計ガイドライン」(Case Design Guidelines for Apple Devices)をシールデータのベースとした。ポイントは、この設計ガイドラインにある通り、カメラやセンサーが支障なく機能を発揮できるよう確保すべき画角に注意することだ。また設計ガイドラインには、背面上下にあるアンテナを金属で隠さないようにすべしなどの記載もあった。

左はシールを貼った状態、右は開封直後の状態

こちらは前面。上下のシールはなくてもいいかもしれないような……それにしてもベゼルが細い

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中