このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! 第22回

iPhone 6/6 Plusに秘められた大型化以上の進化—Apple Watch時代を見据えた最初のiPhoneを読み解く

2014年09月17日 10時00分更新

文● 林信行 写真○篠原孝志(パシャ)、高野晃輔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビデオカメラとしての性能が格段に向上

 また、これはiPhone 6というよりはiOS 8の機能だが、スローモーションの反対で、数時間かけて撮影した動画の早回し再生が楽しめるタイムラプス撮影にも対応している。時間の伸縮を自由に操った動画づくりが楽しめるのだ。新iPhoneは一度、覚えた被写体を追って連続オートフォーカスをしての動画撮影ができたり、iPhone 6 Plusでは、かなり質の高い(映画レベルの)ビデオ手ぶれ補正機能がついていたりと、実はビデオカメラとしての性能が格段に向上している(光学式手振れ補正機能は静止画用)。

iPhone 6シリーズと言うよりはiOS 8の新機能だが、ついにiPhone標準機能でタイムラプス撮影(長時間コマ撮りの早回し再生)が可能になる。設定一切不要で、ビデオを撮るのと同じ要領で「録画」ボタンを押せば撮影できてしまう簡単さがアップルらしい。「それ以上の細かな調整をしたい人は、アプリがいくらでもあるのでどうぞ」というスタンスだ

実は使い勝手が大きく向上した静止画のカメラ機能

 では、静止画のカメラ機能は変わっていないか。画素数は800万画素のままだし、もしかして進化していないんじゃないか、と思う人もいるかもしれない。

 だが、画面の上の被写体をタップすると、パっとフォーカスが合いにフォーカス合わせに迷いが少ない。それだけではない。フォーカスがあっている被写体の周りに黄色い枠線が表示されるのはこれまでのiPhoneもそうだが、6からはその右にスライダーが表示され、これを上下にフリックすることで露出(映像を明るめにするか暗めにするか)を調整できる(例えば夜空に浮かぶ月などは、望遠の足りないiPhoneのカメラでは、露出合わせが難しく半月が光り過ぎて満月のように写ってしまうことも多かった)。

iPhone 6/iPhone 6 Plusでは、スライダーを下にフリックして露出を下げることで(クレーターまでは撮れないが)形くらいはとらえることができる

実は、筆者は2月にこんなツイートをしていたが、まさか、この要望に応えてくれたのだろうか? ( https://twitter.com/nobi/status/433621093761683456 )。iPhone 6 Plus(写真右)では、夜空に浮かぶ月が撮影しやすくなった

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中