このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あなたの知らない最新AVの世界第7回

こんなに進化していた! 高音質なPC用スピーカー(後編)

2012年01月18日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 一般的なPCスピーカーは1万円以下が中心で、前回紹介した3万円クラスでも結構な高価格になるが、このジャンルにもハイエンドモデルが存在する。初めてのPC用スピーカーを選ぶというASCII.jpの編集H(今回のレクチャー相手)におすすめできるものではないが、ハイエンドモデルの実力も試しに聴いてもらうことにした。

ボーカルのしなやかな描写にほれぼれとする
B&W「MM-1」

B&WのMM-1。アルミの質感を活かした天板をはじめモダンなデザインになっている
B&Wの「MM-1」。アルミの質感を活かした天板をはじめモダンなデザインになっている

 Bowers & Wilkins(B&W)はイギリスの著名なスピーカーメーカーで、800Dシリーズなどの超高級スピーカーなどもラインナップしており、熱心なオーディオ好きにもファンは多い。

 同社では、iPod用スピーカーとして「Zeppelin」シリーズなども発売している。MM-1の実売価格は5万8000円前後となかなか高価だが、1個のユニットだけで全体域を受け持つフルレンジスピーカーが多いなか、高域用と低域用のそれぞれのユニットを使用した2ウェイスピーカーとなっている。

R側スピーカーの底面。電源やUSB端子、L側スピーカー用の端子は底面にあり、配線をすっきりとまとめられるようになっている 裏側には、ヘッドホン出力(上側)とアナログ入力(下側)も備えている
R側スピーカーの底面。電源やUSB端子、L側スピーカー用の端子は底面にあり、配線をすっきりとまとめられるようになっている裏側には、ヘッドホン出力(上側)とアナログ入力(下側)も備えている

 高域用のツィーターには、ユニット後方から放射される音の共鳴を緩和するノーチラス・チューブを搭載するなど、同社の高級モデルに採用される技術も盛り込まれている。

編集H:天板や中央部のベルトにアルミを配するなど、スピーカーっぽくないデザインですね。一緒に置くPCのデザインにもこだわりたくなります。

鳥居:ボディ前面を取り外しのできないカバーで覆っていることもあって、個性的な外観となっています。

編集H:音は声の質感がとても豊かで驚きますね。しなやかというか、きめ細かいというか。

鳥居:その点ではさすが高価なスピーカーという気がしますね。中域がとても充実していて、ボーカルの微妙なニュアンスや表情が鮮やかに浮かびます。低音も割と出ているのですが、量感もほどもどであまり迫力を打ち出すタイプではないです。控えめというか上品な印象かな。

編集H:スムーズすぎて、ちょっとインパクトには欠けるかも。

 本機はUSB入力とアナログ入力を備えており、PCとの接続はUSBで行なう。接続すると自動的にオーディオ装置として認識されるので、音楽再生だけでなく、すべての音がスピーカーから出力される。このあたりの使い勝手は一般的なUSBスピーカーと同様だ。

 音質はあっけないほどスムーズで、滑らかな感触だ。低音は最低域までよく伸び、ベースの音階をしっかりと鳴らし分ける解像度の高さもある。そのわりにあまりパワー感を感じさせず、自然に鳴らしてしまう。

 そのよさを一番感じるのはやはりボーカル。坂本真綾の「バディ」を聴いても、吐息のニュアンスがびっくりするほど色っぽい。バックの演奏を従えてボーカルにスポットライトが当たるように、ボーカルの存在感を際立ててくれる。

 ベートーベンの「第9」でも、オーケストラは整然ときめ細かく再現されるが、一歩引いたような落ち着いた印象になる。一聴すると上品すぎて物足りない感じもあるのだが、じっくり聴き込むとその表情の豊かさに感心する。

鳥居:いわゆるHi-Fiオーディオというより、普段着感覚というか気軽な印象はありますね。でも、本質的な実力は高いので、普段着とはいえ着心地も仕立ても上質です。

編集H:ロックやポップスを元気よく聴きたい僕からすると、上品すぎる感じですね。

鳥居:それは言えますね。どちらかというとポップスでもアコースティック楽器主体の演奏や、クラシックなら小編成の室内楽を気持ち良く聴く方が相性が良さそうです。

卵型のデザインのリモコン。音量調整のほか、再生操作も行なえる。写真では見えないが背面はピカピカの鏡面仕上げだ 卵型のデザインのリモコン。音量調整のほか、再生操作も行なえる。写真では見えないが背面はピカピカの鏡面仕上げだ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン