このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

AVライター・鳥居一豊の「ビビビっときたAVデバイス」! ― 第1回

1万円台でPCの音質が大幅向上!アンプ付きスピーカー4種類

2012年05月31日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 手軽なリスニングから本格的なオーディオ鑑賞まで、今やPCはオーディオ再生装置の主流として多くの人に使われている。そこで欠かせないのがスピーカーである。

 一般にPC用とされるスピーカーは、数千円ほどの価格で手に入る安価なものから、5万円ほどにもなる高級モデルまで製品の価格帯が幅広い。

 今回は比較的手に入れやすい1万円前後の価格帯に絞り、それでいて本格的なサウンドを楽しめるスピーカーを集めて、その実力をチェックしていく。

 視聴する製品を選考しているときに感じたのだが、実売で1万円くらいという価格帯はアップグレードには手頃な価格のはずなのに、意外にも空白地帯だった。5000円未満のかなり安価なモデルが増えていて、もうちょっと予算を足して実力の高いモデルを探そうとすると、一気に数万円の製品になってしまう。

 そこで目を付けたのが、スタジオ向けのパワードスピーカー。どちらかというとプロ用機器に入るため、あまり見かけることは少ないが、スタジオ録音などで使われる製品だけに実力は高い。一般的な民生用スピーカーとどんな違いがあるのかも興味のあるところだ。

ユニークな外観が個性的
量感たっぷりの低音が気持ちいいJBLの「CREATURE III」

「CREATURE III」はまさに“クリーチャー”な感じの外観
「CREATURE III」はまさに“クリーチャー”な感じの外観

 1番手はJBLの「CREATURE III」(実売価格1万3000円前後)。アンプを内蔵したサブウーファーとサテライトスピーカーによる2.1ch構成のモデルで、最大の特徴は生物的なフォルムを持った独自のデザインだ。

サテライトスピーカーのボリューム操作は、+と-の音量調整のほか、両方のボタンを同時に押すとミュートができる サブウーファーの牙のような突起はデザインか、と思いきやBASSなどの調整つまみになっている
サテライトスピーカーのボリューム操作は、+と-の音量調整のほか、両方のボタンを同時に押すとミュートができるサブウーファーの牙のような突起はデザインか、と思いきやBASSなどの調整つまみになっている
入力端子はサブウーファー底面にある。PCのほか、スマホやiPodなど多様な機器を接続できるステレオミニ端子を装備。このほか、電源端子や左右のサテライトスピーカー用の端子はすべて形状が異なっており、間違えずに接続できる 入力端子はサブウーファー底面にある。PCのほか、スマホやiPodなど多様な機器を接続できるステレオミニ端子を装備。このほか、電源端子や左右のサテライトスピーカー用の端子はすべて形状が異なっており、間違えずに接続できる

 サブウーファーは横幅、奥行きともに230mmと少々大きめで、PCの両脇に置くサテライトスピーカーは、横幅90mmとコンパクトだ。右側のサテライトスピーカーにはタッチセンサー式のボリュームコントローラーがあり、サブウーファーには高音/低音の調整が可能になっている。

 まず最初に、アニメ主題歌の「君の神話~アクエリオン第二章」を聴いてみた。サブウーファー付きということもあって、低音の量感がたっぷりなバランスになる。特にベースラインはかなり厚めで、元気のあるサウンドだ。

 ちょっと気になったのは、サブウーファーからも比較的高めの音が出ているため、サブウーファー自体を机の下などに置いてしまうと、サテライトの中高音とバラバラになって聴こえがちなところ。

テストでいろいろな置き方を試した結果、写真のような配置(手前にPCを置く)がベストだった。サブウーファーをセンターにするのがポイント
テストでいろいろな置き方を試した結果、写真のような配置(手前にPCを置く)がベストだった。サブウーファーをセンターにするのがポイント

 置き方としては、PCの後ろのあたりの左右のサテライトのちょうど真ん中にすると、低音から高音まで一体感が出て、ステレオ感も明瞭に再現されるようになった。

 ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番では、冒頭のピアニッシモをデリケートに鳴らしつつ、低音パートは厚みのある鳴り方で安定感のある再現になる。透明感のある高音域とやや太めの低音という組み合わせはドンシャリ型の傾向ではあるが、それほどやんちゃな音にならず、クラシックを聴いてもクレッシェンドしていく旋律の盛り上がりを力強く再現するし、情感豊かに音楽を伝えてくれる。

 今回はノートPCを使いながら50cmほどの距離で視聴しているが、持ち味である力強さを活かすなら、音量が少し大きめの方が気持ちよく楽しめる。リビングのテレビ用に組み合わせても、十分にパワフルな音が楽しめるだろう。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン