このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第120回

メディアサーバー機能重視の高速家庭向けNAS HDL2-A

2011年10月21日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HDL2-A」(写真は2TBモデル)

 ネットワーク上でのお手軽なデータ共有用に、手間なく構築できるファイルサーバーとして広まった「NAS」(Network Attached Storage)だが、家庭内メディアサーバーとしての注目度も高い。最近では手軽さはもちろん、テレビ録画を入れても余裕の大容量と、RAID1といったデータ保護機能にも注目が集まっている。

 今回の評価するアイ・オー・データ機器の「HDL2-A」シリーズは手軽さと大容量に加えて、読み出し時100MB/秒以上の高速性も達成し、同社のコンシューマー向けNASのフラグシップとも呼べる存在である。

RAID0およびRAID1対応
メンテナンス性のよい高速NAS

 HDL2-Aシリーズは、白系の外観が多かった同社のコンシューマー向けNASの中では珍しく、非常にシンプルな黒いブロック形のボディーを採用している。前面下部にスリット状の半透明パーツがあり、動作時にはそこが緑に点灯する。そもそもNAS製品に設置場所は関係ない、動作状況さえ目視で確認できればいいのだから、お洒落をする必要はないわけだ。その点ではシンプルなHDL2-Aシリーズに好感が持てる。

 背面には、Gigabit Ethernet対応(1000BASE-T)の有線LAN端子や2つのUSBポートなどがある。

背面に大型の空冷ファンを装備。下部に電源コネクターやLAN端子、USBポートがある。ファン上部のへこみにあるノッチを押すと、上ぶたが開く

 2台の3.5インチHDDを内蔵し、対応するRAIDはRAID0のストライピングとRAID1のミラーリングとなっている。容量と速度を優先するならばRAID0、データの安全性を優先するならRAID1となるが、後述するように、Windowsからの利用ではRAID0とRAID1の速度差はそれほど大きくない。せっかくのRAID対応NASなのだから、ここはRAID1での運用を勧めたい。

出荷時設定はRAID0(ストライピング)。RAID0/1選択はフォーマット時のみなので、各種設定の前にどちらにするかを決めておきたい。なお、フォーマットは数分で終了する

 背面空冷ファン上部のへこみの中には、上ぶた開閉用のノッチがある。この部分を押し上げると容易に上ぶたが開き、内部のHDDユニットを引き出せる。RAID1のミラーリング運用時に、万が一にどちらかのHDDにエラーが発生した際にも、簡単にHDD交換できるというわけだ。

電源を切り、上ぶたをあけて引き出すだけでHDDユニットが交換できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン