このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第22回

地震によりITリソースが不足している企業に向け

HP、海外リソースのグローバルクラウドサービスを提供

2011年03月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月18日、日本ヒューレット・パッカードは東北地方太平洋沖地震及び長野県北部地震によりITリソースが不足している企業を対象に海外リソースを活用した「グローバルクラウドサービス」の提供を開始した。初期費用と最初の6カ月の利用料金を無償とする。

 提供されるのはx86ベースの仮想サーバーとストレージで、仮想OSはWindowsとLinuxをサポート。国内拠点のリスクを回避するため、オーストラリア、シンガポールなどの海外拠点からサービスを提供する予定となっており、インターネット経由でのサービスとなる。

 適用対象は、「東北地方太平洋沖地震及び長野県北部地震によりITリソース不足でお困りのお客様」で、「特に公共性の高い事業を提供されているお客様を優先させていただきます」となっている。

 利用を希望する企業、自治体は、下記の問い合わせメールアドレスまで連絡してほしいとのこと。3月23日~4月28日まで受け付けを行なう。
311_cloudsupport@hp.com

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ