このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ 第10回

通常の30日間無料パスを90日間に延長

地震対策でWindows Azureを90日間無料で利用できるパス

2011年03月14日 14時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月14日、日本マイクロソフトは、東北地方太平洋沖地震対策としてクラウドプラットフォーム「Windows Azure」の無料パスを発行している。

東北地方太平洋沖地震対策としてクラウドプラットフォーム「Windows Azure」の無料パスを発行

 今回の無料パスにより、90日間無料でWindows Azure Platformが利用できる(通常は30日間無料)。

 利用方法は、下記の登録ページにて国の選択欄で「Japan」を選択し、東北地方太平洋沖地震対策用のプロモコード「AZURE312」を入力する。
http://windowsazurepass.com/?Campid=F3313E69-464C-E011-98E3-001F29C8E9A8

 なお、同社では無料アカウントの有効化に2日程度かかるとしているが、可能な限り早く有効化する作業しているという。


カテゴリートップへ

この連載の記事