このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

いま旬のビジネスPC 第5回

キビキビ動作で長時間駆動&手厚いサポート体制を実現

VAIO ZをビジネスPCとして試す

2010年05月10日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー(株)が2月16日に発表した新VAIO Zは、「究極のモバイル」をコンセプトにした高性能モバイルノートPCだ。2008年7月の登場以来初めてフルモデルチェンジを行い、さらに薄型・軽量にしただけでなく、CPUとして最新のCore i7/i5を採用するなど最新仕様にアップグレードしている。

よりスタイリッシュになったVAIO Z。厚さはわずか23.8mm

 フルモデルチェンジした新VAIO Zの特徴は、最大4台のSSDをRAID0構成で接続した際に得られる圧倒的なアクセス速度だ。OSやアプリケーションの高速起動や、もたつきのないキビキビとした操作感がウリ。価格も2台のSSDでRAID0構成を組んだ場合で18万4300円からと、高いコストパフォーマンス。ビジネス用途でも使いたいユーザーは多いだろう。

 今回は、VAIO Zの性能を計測しつつ、ビジネス用途での使い勝手、そしてビジネスPCである以上、トラブル時の金銭負担と業務停止時間対策は重要なのでサポートについても見ていきたい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ