このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道 第45回

並んでゲットした「torne」を早速試す!

2010年03月23日 14時36分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

追っかけ再生には未対応!?

番組表で○ボタンを押すと、録画用ダイアログが表示される。非常にシンプルで分かりやすい

番組表で○ボタンを押すと、録画用ダイアログが表示される。非常にシンプルで分かりやすい

 さて、もっとも使うことになるであろう録画機能を見ていこう。録画予約は番組表から行なうことができる。カーソルで録画したい番組を選び、○ボタンを押すと録画時間などが表示されるので、問題なければ「予約する」を選択すればよい。ちなみに予約した番組はオレンジ色の背景になり、録画が始まると紫色になる。

紫の背景で表示されている番組が録画中、オレンジ色が予約録画している番組

紫の背景で表示されている番組が録画中、オレンジ色が予約録画している番組

番組の録画は本体内蔵のHDDに加え、USB接続でつないだHDDにも対応する。こちらは録画用にHDDを登録しているところ

番組の録画は本体内蔵のHDDに加え、USB接続でつないだHDDにも対応する。こちらは録画用にHDDを登録しているところ

 出演者やキーワードを使った検索機能も用意されている。番組表を表示中に□ボタンを押すか、メインメニューから「SEARCH」を選ぶことで検索機能が利用できる。

 条件として指定できるのはジャンルとキーワード、チャンネル、そして時間帯だ。キーワードは2つの「含む」と1つの「除く」があり、たとえばタレントAとBは出演しているが、俳優Cは出演していない、といった検索に対応している。

検索結果をトルでソートしたところ。録画予約した番組には時計アイコンが付く

検索結果をトルでソートしたところ。録画予約した番組には時計アイコンが付く

 検索結果を表示中にSELECTボタンを押せばソート順を切り換えられる。項目には放送日時と番組名、そしてトルミルの「トル」順が選べる。

 録画した番組はメインメニューの「ビデオ」を選ぶと再生できる。まず録画したビデオの一覧が表示され、その中から再生するものを決定すると再生が始まるという流れだ。

 左右で早送り、巻戻しが可能で、1.5/10/30/120倍速を選択できる。またL1/R1キーで15秒間分再生位置を変えるフラッシュ戻し、フラッシュ送りが可能。また、便利なのが□ボタンで使えるシーンサーチだ。15秒/30秒/1分/2分/5分のいずれかの間隔でサムネイルが表示されるので、見たい場所に即座に移動できる。音楽番組で好きなアーティストの場面だけを見たいといったときに有効だ。

残念ながら追っかけ再生には対応していない

残念ながら追っかけ再生には対応していない

シングルチューナーのため、録画中は別の番組を再生することは不可能

シングルチューナーのため、録画中は別の番組を再生することは不可能

 非常に残念なのは、追っかけ再生ができないこと。録画番組一覧に、録画中の番組も表示されるのだが、再生しようとすると「録画が完了していないビデオは再生できません」と表示される。また、シングルチューナー機のため録画中に放送中の別の番組を見ることもできない。

 全体的にとてもいいデキに仕上がっているだけに、こうした制限があるのは非常にもったいなく感じてしまう。

 さて、今回はあまり時間がなくプレイステーション・ポータブルとの連携をじっくりと試すことができなかった。このあたりは来週紹介したい。


■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画