このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第87回

入手困難な今年最速のビデオカード「Radeon HD 5970」を試す

2009年11月28日 20時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発売から少々時間が経ってしまったが、AMDから登場した、今年最速のハイエンドビデオカードとなる「ATI Radeon HD 5970」(以下、HD 5970)のレビューをお届けしよう。

Radeon HD 5970
「ATI Radeon HD 5970」リファレンスカード

 HD 5970は、ATI Radeon HD 5000シリーズで初の2GPUを1枚の基板で実現するハイエンドビデオカードだ。従来は「ATI Radeon HD 4870X2」と型番の最後に「X2」が付くことで2GPUのモデルネームを表していたが、5000番台では番号で表されるようだ。またHD 4870X2などと同様に、デフォルトでCrossFireXが有効となる。
 搭載されているGPUスペックは、ATI Radeon HD 5850とATI Radeon HD 5870(以下、それぞれHD 5870、HD 5850)の中間のようなスペックで、どちらかと言えばHD 5870のクロックダウン版を2つ搭載しているイメージとなる。

Radeon HD 5970 Radeon HD 5970
「Radeon HD 5970」は2GPUを1枚の基板に実装している
Radeon HD 5970 Radeon HD 5970
外部電源コネクタは、6ピン+8ピン。PCに搭載する電源ユニットは、それなりに大容量なものが求められる出力端子にDVI-I×2、MiniDisplayPort×1を備えているが、HDMI端子は変換コネクタで接続することになる
Radeon HD 5970 カード長も長く、実測で292mm(突起部を含まず)でPC/AT規格でのフルサイズ(312mm)に迫る。まずはケースに収まるか確認したほうがいいだろう

 消費電力が低いと評判のATI Radeon HD5000シリーズだが、さすがにGPUを2つ搭載するだけあって、最大消費電力は294Wと、PCI express x16カード上限となる300Wに迫るモンスター級となっているため、PCに搭載する電源ユニットは、それなりに大容量なものが求められる。またカード長も長く、実測で292mm(突起部を含まず)でPC/AT規格でのフルサイズ(312mm)に迫る、長尺なカードだ。HD 5870やGeForce GTX 295が267mmなので、これよりも25mm長いため、PCケースによっては取り付けできないものが多数出てきそうだ。HD 5970を購入する際には、PCケースに収めることができるかどうか、事前に確認しておきたい。

各ビデオカードの比較表
  Radeon HD 5970 Radeon HD 5870 Radeon HD 5850 GeForce GTX 295
製造プロセス 40nm 40nm 40nm 55nm
シェーダバージョン 5.0 5.0 5.0 4.0
DirectX対応 11 11 11 10
コアクロック 725MHz 850MHz 725MHz 576MHz
シェーダクロック 725MHz 850MHz 725MHz 1242MHz
SP数 1600×2 1600 1440 240×2
ROPユニット数 32×2 32 32 28×2
メモリクロック(相当) 4GHz 4.8GHz 4GHz 1998MHz
メモリタイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR3
メモリインターフェイス 256bit 256bit 256bit 448bit
メモリサイズ 1GB×2 1GB 1GB 896MB×2
アイドル時省電力 42W 27W 27W -
最大消費電力 294W 188W 151W 289W
インターフェイス PCI Express 2.0 x16
外部電源 6+8ピン 6ピン×2 6ピン×2 6+8ピン
リファレンスカード長 292mm 267mm 241mm 267mm
実売価格 8万5000円前後 5万円前後 3万5000円前後 5万円前後

 リファンレスカードでは、出力端子にDVI-I×2、MiniDisplayPort×1を備えているが、HDMI端子は変換コネクタで接続することになる。HD 5850などと同様に3画面出力をサポートしているが、MiniDisplayPortは一般的ではないため、使い勝手にやや難ありである。また外部電源コネクタは、6ピン+8ピンとなっているため、前述したように電源容量に気を配りつつ8ピン対応の製品を選ぶ必要がある。
 HD 5970の実売価格は、8万5000円前後と、かなり高価。一方、HD 5870は5万円前後、HD 5850は3万5000円前後となっているため、HD 5870を2枚購入するよりも安価だが、HD 5850を2枚購入するよりは、やや高価となっている。GPUスペックから勘案すれば今のところ妥当な価格ではあるが、「お買い得」というわけでもない。ただ、HD 5970は、HD 5870以上に品薄状態が続いているため、どうして欲しいという場合は、価格無視で見つけたら即買うほかないのが現状となっている。

Radeon HD 5970のGPU-Zのステータス Radeon HD 5870のGPU-Zのステータス Radeon HD 5850のGPU-Zのステータス
Radeon HD 5970のステータスRadeon HD 5870のステータスRadeon HD 5850のステータス

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中