このページの本文へ

AMDの“Socket AM2”に対応するマザーボード3製品がCPUに先駆けて早くも発売開始!

2006年05月23日 22時49分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日発表されたばかりのAMDの“Socket AM2”に対応するマザーボードが秋葉原の各ショップに登場した。編集部が確認する限り、ASUSTeK製の「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」、MSI製の「K9N Neo-F」と「K9N SLI Platinum」の計3製品が発売されていた。

“Socket AM2”マザー発売開始 “Socket AM2”
CPUより一足早く“Socket AM2”に対応するマザーボードが本日発売開始されたこれがAMDの新型ソケット“Socket AM2”

●ASUSTeK「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」

 Socket AM2用のチップセットであるnVIDIA製“nForce 500”シリーズは、“nForce 590 SLi”“nForce 570 SLi”“nForce 570”“nForce 550”の4つがラインナップされている。
 ASUSTeK製の「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」はハイエンド向けの“nForce 590 SLI”が搭載されており、nVIDIAが提唱するAMD向けのプラットフォーム“Tritium”をサポートし、現行のSPDメモリを拡張したメモリ規格の“EPP”メモリにも対応する。AMDプラットフォーム向けの電源回路は3フェーズが主流だが同製品は8フェーズ電源回路が搭載されており、同社によると、従来の3フェーズタイプと比較し、電源回路部分で最高15℃の動作温度の低下を実現するという。また、マザーボードの温度を下げる同社独自の銅製基板“Stack Cool 2”が採用されているほか、BIOSの設定内容を複数保存可能な“O.C. Profile”機能などを搭載しているのが特徴だ。拡張スロットはPCI Express x16×2(プライマリx16/セカンダリx16動作)、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×2、DDR2-800対応のメモリスロットを4本(最大16GBまで)という構成。オンボードインターフェイスは、デュアルギガビットイーサネット、8chサウンド、チップセットによるSerial ATA II×6(RAID 0/1/0+1/5対応)、Silicon Image製“Sil3132”チップによるSerial ATA II×2(RAID 0/1対応)、USB 2.0、IEEE 1394など。主な付属品は無線LANアダプタなどとなっている。

「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」 リアインターフェイス
チップセット間を走るヒートパイプが特徴的なASUSTeK製の“Socket AM2”対応マザー「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」。x16の帯域幅をもつPCI Express x16スロットを2本装備するリアインターフェイスはデュアルギガビットイーサネット、USB 2.0×4、IEEE 1394×1、eSATA×1、デジタル音声出力(コアキシャル/オプティカル)、サウンドなど
無線LANモジュール 無線LANアダプタ
リアインターフェイスの隣にはRealtek製“RTL8187L”チップによる無線LANモジュールを搭載している付属の無線LANアダプタ

●MSI「K9N SLI Platinum」

 一方のMSI製「K9N SLI Platinum」はミドルクラスの“nForce 570 SLI”チップセットを搭載したATXマザーボード。拡張スロットはPCI Express x16×2(プライマリx16/セカンダリx8動作)、PCI Express x1×2、PCI×3、DDR2-800対応のメモリスロットを4本(最大8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスは、ギガビットイーサネット、8chサウンド、Serial ATA II×4(RAID 0/1/0+1対応)、USB 2.0など。

「K9N SLI Platinum」 リアインターフェイス
MSI製の“Socket AM2”対応マザー「K9N SLI Platinum」。チップセットはミドルクラスの“nForce 570 SLI”を搭載するリアインターフェイスはデュアルギガビットイーサネット、USB 2.0×4、IEEE 1394×1、デジタル音声出力(コアキシャル/オプティカル)、サウンドなど

●MSI「K9N Neo-F」

 もう1つのマザー「K9N Neo-F」はローエンドモデルの“nForce 550”チップセットを搭載している。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3、DDR2-800対応のメモリスロットを4本(最大4GBまで)という構成。オンボードインターフェイスは、ギガビットイーサネット、8chサウンド、Serial ATA II×6(RAID 0/1/0+1対応)、USB 2.0、IEEE 1394など。

「K9N Neo-F」 リアインターフェイス
はローエンドモデルの“nForce 550”チップセットを搭載したMSI製マザー「K9N Neo-F」リアインターフェイスはギガビットイーサネット、USB 2.0×4、8chサウンドなど

 各製品の価格は以下の表の通り。なお、ドスパラ本店では明日からBIOSTAR製の“Socket AM2”対応マザー「TForce 550」(nForce 550チップセット搭載/予価9780円)と、「TForce 6100 AM2」(GeForce 6100チップセット搭載/予価7980円)の販売を予定している。

ASUSTeK
「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」
\31,480 TWOTOP秋葉原本店
\32,680 ドスパラ本店
\31,800 ドスパラアキバ店
\32,800 TSUKUMO eX.
T-ZONE.PC DIY SHOP
ドスパラ秋葉原2号店Prime館
BLESS秋葉原本店(明日から発売予定)
\33,800 ZOA秋葉原本店
MSI
「K9N SLI Platinum」
\23,500 テクノハウス東映
\23,800 ドスパラアキバ店
\23,980 ドスパラ本店
\24,000 ドスパラ秋葉原2号店Prime館
\24,760 TSUKUMO eX.
\24,770 フェイス
\24,780 TWOTOP秋葉原本店
\24,800 俺コンハウス
BLESS秋葉原本店(明日から発売予定)
\24,980 T-ZONE.PC DIY SHOP
\25,800 高速電脳
MSI
「K9N Neo-F」
\12,980 テクノハウス東映
\13,600 ドスパラ秋葉原2号店Prime館
\13,760 TSUKUMO eX.
\13,770 フェイス
\13,780 TWOTOP秋葉原本店
ドスパラ本店
\13,800 ZOA秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP
俺コンハウス
BLESS秋葉原本店(明日から発売予定)
\13,980 高速電脳
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ