このページの本文へ

発売前の「Athlon 64 FX-62」を搭載した“Quad SLI”マシンをフェイスで超絶デモ中!

2006年05月25日 22時18分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フェイスで、「Athlon 64 FX-62」を搭載した“Quad SLI”PCの動作デモを行なっている。同CPUは“Athlon 64 FX”シリーズでは初の“Socket AM2”を採用するCPUで、動作クロックは2.8GHzとなる。

フェイス店頭
フェイス店頭のデモ機。50インチのハイビジョンプラズマテレビでは“FFベンチ3”が動作中だ

 ショップによると、デモ機はマザーがASUSTeK製「M2N32-SLI DELUXE/WiFi-AP」 、メモリがDDR2-800 512MB×2、ビデオカードが“GeForce 7900 GX2”を搭載したMSI製のものという構成。現在デモ機はフェイスの店頭に展示中で、50インチのハイビジョンプラズマテレビに出力されている。“FFベンチ3”(HI設定)を実行したところ、結果は“8501”だった。ちなみにショップによると、「“Athlon 64 FX-60”と“GeForce 7900 GTX”のSLIでデモ機を組んだときのスコアは“7770”だった」とのこと。“3D Mark 06”のスコアは確認できなかったが、同店では準備ができ次第“3D Mark 06”のデモも予定しているという。なお、「Athlon 64 FX-62」の予価は12万8000円前後となる見込みで、入荷時期は現在のところ未定となっている。

デモ機 “Quad SLI”
フェイスでは「Athlon 64 FX-62」+“Quad SLI”という構成はもちろん、“Socket AM2”に対応したBTOマシンの受注を開始している“GeForce 7900 GX2”を搭載したビデオカードを4枚使用した“Quad SLI”
ビデオカード “FFベンチ3”
ビデオカードには“GeForce 7900 GTX-Duo”と書かれたシールが貼られていた“FFベンチ3”(HI設定)のスコアは“8501”。定格動作でスコアが8000を超えるモンスターマシンがついに登場! “3D Mark 06”の結果も気になるところだ
※お詫びと訂正:デモ機のビデオカードが“GeForce 7900 GTX”搭載の「NX7900GTX-T2D512E」ありましたが、正しくは“GeForce 7900 GX2”搭載のビデオカードとなります。訂正して、お詫びいたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ