このページの本文へ

テンアートニ、PHP高速化ツール『Zend Performance Suite 3.0』を発売

2002年11月06日 17時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)テンアートニは、PHPベースのWebサーバを高速化する『Zend Performance Suite 3.0』を11月5日に発売した。

『Zend Performance Suite 3.0』のコンソール
『Zend Performance Suite 3.0』のコンソール。

『Zend Performance Suite 3.0』は、これまで販売されてきたPHPスクリプト高速化ツール『Zend Accelerator 2.0』の後継にあたる製品。PHPスクリプトのキャッシュによる高速化だけでなく、コンテンツ自体のキャッシュやHTMLコードの圧縮もサポートするといった機能強化がなされている。

新たに追加されたコンテンツのキャッシュ機能は、データベースとの連携により生成されたデータや画像をキャッシュすることで不要な処理を減らし、高速化を図るというもの。また、データ圧縮機能は、Internet ExplorerやNetscape Navigator 4.xなど、gzipによるデータ圧縮通信に対応したブラウザを自動的に認識し、サーバからブラウザへ送信するデータを圧縮し、サーバの負荷を下げて通信を高速化するというものだ。これにより、既存のPHPスクリプト自体には変更を加えることなく、何もしない場合と比べて最大25倍の高速化を実現するという。そのほか、キャッシュ対象ファイルの自動選定や効果測定機能の追加、管理GUIの変更が行なわれている。

イスラエルZendによるベンチマーク結果
イスラエルZendによるベンチマーク結果。緑が何もしない状態、青が『Zend Accelerator』を利用した場合、薄い青が『Zend Performance』を利用した場合。URLベースで22.62倍のパフォーマンスを上げている。

動作環境と価格は以下のとおり。

動作環境
対応OS……Linux(glibc 2.1)、SPARC Solaris 2.6/7/8、FreeBSD 3.4/4.0/4.3
対応Webサーバ……Apache 1.3.x
対応PHPバージョン……PHP 4.1.x以降
価格
IAサーバ……40万円(1CPU)、50万円(2CPU)、80万円(4CPU以上)
SPARC Solarisサーバ……50万円(1CPU)、90万円(2CPU)、150万円(4CPU以上)
xSP向け特別パッケージ……オープンプライス

製品の出荷は11月下旬になる予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ