このページの本文へ

デル、『PowerEdge 7150』とRed Hat Linuxをバンドルしたソリューションパッケージを発売

2001年11月21日 18時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は、IA-64対応ソフトウェアの開発を行なうISV向けに、『PowerEdge 7150』サーバに『Red Hat Linux 7.1 for Itanium Processor』や各種コンパイラ、サービスをバンドルした『PowerEdge 7150 デベロッパー向けソリューションパッケージ』を発売した。

PowerEdge 7150

『PowerEdge 7150』はItaniumを最大4基搭載可能なサーバマシン。同パッケージは、アプリケーションやデータベース開発を行なうISV向けに提供され、『Red Hat Linux 7.1 for Itanium Processor』上で動作する『Intel C / C++ Compiler V5.0 for Linux 英語版』や『Intel Fortran Compiler V5.0 for Linux 英語版』といったコンパイラや、アプリケーション評価ツール『Intel VTune Performance Analyzer 6.0 英語版』(近日発売予定)などを組み合わせて導入することができる。販売は同社Webサイトと法人営業部を通じて行なわれる。価格は最小構成のハードウェア、OS、C / C++コンパイラのセットで269万6000円。最小構成時の主な仕様は以下のとおり。

  • CPU……Itanium-733MHz
  • HDD……18GB Ultra3 SCSIドライブ
  • メモリ……1GB(128MB 100MHz DIMM×8)
  • 電源……100V ブレーカースイッチ
  • サポート……3年間の電話、オンサイトサポート、パーツ保証
  • OS……Red Hat Linux 7.1 for Itanium Processor
  • コンパイラ……Intel C / C++ Compiler V5.0 for Linux 英語版

カテゴリートップへ

ピックアップ