このページの本文へ

デル、サイボウズのグループウェアを搭載したサーバーを発売

2001年03月12日 15時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は12日、サーバー『PowerEdge(パワーエッジ) 1400』に、サイボウズ(株)製のグループウェア『サイボウズ Office 4』をプレインストールした特別モデル『PowerEdge 1400 サイボウズ Office 4プレインストール・モデル~ボウズマンサーバ~』を同日付で発売したと発表した。価格は20万6000円より。販売は同社の法人営業部、ダイレクトセールス事業部(TEL.044-556-6190)、および直販サイト“オンライン・ストア”を通じて行なう。

『PowerEdge 1400』の写真
『PowerEdge 1400 サイボウズ Office 4プレインストール・モデル~ボウズマンサーバ~』

『PowerEdge 1400 サイボウズ Office 4プレインストール・モデル~ボウズマンサーバ~』は、あらかじめ決められたハードウェア構成の『PowerEdge 1400』に、『Red Hat Linux 7J』と、『サイボウズOffice 4』をプレインストールした特別モデル。SOHOなどの小規模システムから大企業の部門システムまで、グループウェアの導入を検討しているユーザー向けに販売する。ハードウェア仕様は、Pentium III-800MHz、128MBのSDRAMメモリー、9GBのHDDとなる。本体サイズは幅216×奥行き436×高さ459mmで、重さは約16kg。電源はAC110~220Vで、330Wまで対応する。なお、プレインストールされる『サイボウズOffice』製品は、ユーザー数にあわせて3種類から選択できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン