このページの本文へ

DELL、SOHOや中小企業向けのサーバ『PowerEdge 1600SC』を発売

2002年11月06日 16時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は、SOHO、中小企業向けエントリーサーバ『PowerEdge 1600SC』を11月5日に発売した。

PowerEdge 1600SCPowerEdge 1600SC

『PowerEdge 1600SC』は、Xeon(2.0GHz、2.4GHz、2.8GHz)デュアルプロセッサへの対応や、最大4GBまでのメモリサポート、最大438GBのストレージ、ギガビットイーサネットコントローラなどを搭載した製品。標準で1年間のオンサイトサポートが提供されるほか、Webベースのサーバ管理ツール『Dell OpenManage IT Assistant』や『Dell Server Assistant』も標準でバンドルされる。OSはWindows 2000 ServerまたはRed Hat Linux 7.3から選択できる。OSなしのモデルも選択可能。そのほか、オプションでRAID 0/1/5のサポートや、ホットプラグ対応冗長電源、テープバックアップドライブなどがオプションで用意される。最小構成時の仕様と価格は以下のとおり。

  • CPU……Xeon-2.0GHz×1
  • HDD……36GB U320 SCSI×1
  • メモリ……128MB
  • 最大48倍速EIDE CD-ROMドライブ
  • Intel Pro 1000MTネットワークコントローラ
  • OSなし
  • 価格……17万9800円

製品は同社Webサイトを通じて注文する。

カテゴリートップへ

ピックアップ