このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」第63回

ヒツジの執事がやってきた理由

2009年03月07日 13時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
【今週の1枚】ケータイの待ち受けに住み始める羊の執事。情報を集めてきてくれて、吹き出しで教えてくれる。ケータイの中に暮らしのパートナーが生まれる感覚。仲良く付き合っていくには、どうしたらよいだろうか?

 2008年秋・冬モデルから、NTTドコモのiモードサービスに「i コンシェル」が追加された(関連記事)。

 「i コンシェル」とは名前の通り、ケータイが持つ人のコンシェルジュになってくれることを目指したサービスだ。デフォルトのキャラクターとして、「ひつじのしつじくん」が待ち受け画面を歩いており、対応端末だとすぐ分かる。

2008年冬モデルの発表会で登場した、しつじのひつじくん

 i コンシェルを使い始める際に登録するのは、生年月日、性別、郵便番号。これだけ登録すれば、i コンシェルが扱う基本的な情報、鉄道運行情報、道路交通情報、警報/その他気象情報、台風情報、地震情報、イベント情報、暮らしのガイド、その他といったジャンルの情報を届けてくれるようになる。これらのサービスは、電話帳お預かりサービスを含む月額210円で利用できる。このほかに、好きなコンテンツプロバイダーの情報配信を登録することで、サービスを充実させていくことが可能だ。

初期設定は生年月日、性別、郵便番号を入力するだけでできあがる

 面白いのはスケジューラーとの連携だ。i コンシェルを使い始めると早速カレンダーに週間天気が登録される。ケータイのスケジューラーを普段から使っている人なら、週末の天気が悪いと分かったら、テニスの予定を変更しておくこともできるな、とふと思ってしまった。まだまだケータイが生活の中で効果的に生きていない領域があることに気づかされる。

初期設定が終わると、さっそくヒツジが話しかけてくる

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン