このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

シリーズ【疑問】 第10回

Edyの基本とポイント活用術

2007年08月24日 21時39分更新

文● 中野利佳、小浜雅胤(編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近、よくさまざまな店舗のレジで見かける“Edy”のロゴ。電子マネーという言葉がメディアをにぎわすようになってから数年、利用できる店舗も以前より格段に増えて実際に活用している人も多いと思う。今回は電子マネーの中でも普及が広がっているEdyについて、利用に関するに素朴な疑問からポイントをうまく貯める活用術まで調べてみた。



対応店舗、発行枚数が最大の電子マネー


 まずは、Edyとは何かという基本的なおさらいをしておこう。Edyはビットワレット(株)が提供している、プリペイド型の電子マネーサービスの名称だ。電子マネーには複数の種類があるが、Edyは早くからサービスを開始してたこともあり、現在最も対応店舗と発行枚数が多い。

 Edyの種類は大きく分けて2種類。おサイフケータイ型と、カード型だ。カード型には、金融機関のキャッシュカードやクレジットカード、店舗のポイントカードや会員証とセットになっているものなどがある(関連リンク)。

会員証・ポイントカード+Edy
am/pm Edyカードam/pmで買い物をすると、am/pm専用ポイントが100円に付き1ポイント貯まる
KARUWAZA CLUBカードサークルK・サンクスで買い物をすると、専用ポイントが100円に付き1ポイント貯まる
clubDAMメンバーズカードビッグエコーを利用すると専用ポイントが100円に付き1ポイント貯まる
ANAマイレージクラブ
Edyカード
Edy支払いなら、どこで買い物をしても200円に付き1マイル貯まる
セガEdyカードセガのお店でゲームをすると、5%が専用ポイントで還元される
大丸ピーコックEdyカード大丸ピーコックで買い物をすると専用ポイントが210円に付き1ポイント貯まる

 続いてEdyに対する細かな疑問についてお答えしよう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン