このページの本文へ

nanaco、QUICPayに続いて全店で対応

Edyが主要コンビニ制覇! セブン-イレブンも対応

2009年06月09日 20時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

あのコンビニ界の巨人が
ついに電子マネーに本腰を入れた

Edyロゴ

 セブン&アイ・ホールディングスは、コンビニチェーン「セブン‐イレブン」の全国1万2323の全店舗において、プリペイド型電子マネー「Edy」による支払いが、2009年10月から可能になることを発表した。レジでのEdyのチャージにも対応する。

 すでにセブン‐イレブンは2007年4月に「nanaco」、2008年4月に「QUICPay」への対応を行なっている。

 しかし、nanacoはセブン&アイ・ホールディングスが推進している電子マネーということもあり、イトーヨーカドーやデニーズなど同グループ内を中心とした対応に限定されている。またQUICPayもクレジットカードと紐付けされるポストペイ型である。

 そのためセブン‐イレブンにおける電子マネーの対応度合いは他の大手コンビニチェーンと比べて、必ずしも優れているとは言いがたい状況だった。

主要コンビニチェーンの電子マネー対応表

  プリペイド型 ポストペイ型
チェーン名 Edy Suica (PASMO) nanaco WAON iD QUICPay VISA Touch (Smartplus)
セブン-
イレブン
'09/10~
ローソン 首都圏など
ファミリーマート 首都圏など '09秋~
サークルK
サンクス
デイリー
ヤマザキ
首都圏など
ミニストップ 首都圏など
am/pm 首都圏など

 なお上記の表では非対応になっている組み合わせでも、一部対応している店舗も存在する。

 今回セブン‐イレブンがEdyに対応することで、主要コンビニチェーンの大半でEdyが利用可能になった。発行枚数約4840万枚(これにおサイフケータイの台数が加わる)と電子マネーではトップを走るEdyだが、ユーザーにとっての利便性という面でもまた一歩先に進んだと言えるだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン