このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

伊藤理絵の“アフィリエイトの謎” 第14回

販促効果は絶大!? 「あと3時間で値上げ!」のあおりコピー

2007年08月09日 21時00分更新

文● 伊藤理絵 (アフィリエイト研究家)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q. 情報商材の販売サイトは何だかうさんくさい販売コピーが並んでいて、個人的にはとても購入する気になれません。こんな体裁で本当に買う人がいるんでしょうかね?



やたら長いページに仕込まれた“売る仕掛け”


 前回紹介した、超高額なeBookである“情報商材”。その販売サイトと言えば、やたらと縦長のページで、あおり文句がずらっと並ぶという独特のスタイルになっています。しかも、どの著者の販売サイトを見ても、判を押したように同じ体裁で売っているんですよね。

 なぜ、どれも似たような雰囲気になるのか。その理由は、売れるからにほかなりません。

 情報商材の販売サイトを「うさんくさい」と拒絶反応を示す人も多いのですが、その一方で「何となくながめているうちに、興味がわいてきた」と感じる人も存在します。そして実際に購入に至るケースもあります。今回は、そんな情報商材の販売サイトで使われている(3)の“買う気にさせる仕掛け”について紹介しましょう。

 
あおり系の販売ページサンプル

情報商材の販売サイトでは、緊急性を演出することで成約率を高めるテクニックが用いられています



売るための3つのノウハウ


 トップアフィリエイターや有名な情報商材の著者は、何となくフラッとアクセスしただけでも、買う気にさせてしまう販促テクニックを使っています。そのノウハウは、大きく以下の3要素に分類できるでしょう。

1.読者の興味を引く

  • コピー/写真/画像を刺激的なものにする

2.読者の信用を得る

  • 販売者のブランド化
  • 推薦者や利用者の声を掲載する

3.見ている人の感情に訴える

  • 値上げを予告する
  • “限定”とうたう
  • 特典を付ける

 これらの中でもアフィリエイターや情報商材の著者に「効果的」と言われているのが“感情に訴える”という方法です。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン