• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ソニー大攻勢? 本体セットモデルが登場したが……

2007年07月26日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

「ギャラクシーフォースII ~」に注目!

 単純に売れていたタイトルということでは、世界でもっとも有名なゲームキャラが活躍するあのシリーズのWii用最新作「マリオパーティー8」がダントツの売れ行き。とはいえ、大きな販促を行なわなくても売れるタイトルということもあり、秋葉原で大きく取り上げていたショップは、アソビットゲームシティのみ。
 このほかWiiの新作にはあの人気ロボットアニメ“ガンダム”のFPSゲーム「機動戦士ガンダム MS戦線 0079」もあり、ソフマップ本店アミューズメント館では1階フロアで大きく取り上げていた。固定ファンが多い作品のゲーム化といこともあり、そこそこの動きとなっていたようだ。しかし、ショップスタッフからは「PS3版のFPSでファンを落胆させなければ、もっと動いていたかもしれない」といったボヤキの声も上がっていた。
 最後に、筆者の完全な独断と偏見による今週いち押しソフトがあるので紹介しておきたい。メッセサンオー本店では大きく取り上げられていた往年のシューティングゲームの復刻版「ギャラクシーフォースII スペシャル エクステンデッド エディション」だ。「スペハリ」「アフターバーナー」「アウトラン」など、セガがもっとも輝いていた時代のアーケードシューティングの名作。万人受けするタイトルではないが、シューティングの歴史を紐解く上で、話しに出てくることの多いタイトルなので、若いシューターの人はプレイしてみると良いだろう。

Wii本体の入荷量も増え、この日発売されたソフトとセットで購入していくユーザーが多かったようだ

“SEGA AGES 2500シリーズ”30タイトル目となった「ギャラクシーフォースII スペシャル エクステンデッド エディション」。40か50タイトル目では、必ずアウトラン3Dを出してくれるに違いない(と信じる)

そのほか見つけた新製品

「一騎当千 Shining Dragon」も発売。ゲーマーズ、ソフマップ秋葉原店アミューズメント館、メッセサンオーの3店舗では、特典としてテレカが添付されていた

「妖刀姫斬鬼行 -剣の巻-」の店舗特典が確認できたのはゲーマーズとソフマップの2店舗

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう