このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

大作シリーズは出たけれど……祭りの前で動きは緩やか?

2007年08月09日 00時10分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DS Lite効果が消えた?

 “スパロボ”シリーズとならぶバンダイナムコゲームスのキラータイトル“SDガンダム”シリーズの最新作「SDガンダム GGENERATION CROSS DRIVE」が、この日発売となった。
 キラータイトルとはいえDS用ということもあり早朝販売は行なわれず、開店時に販売待機列ができた様子もなかった。それでもショップスタッフによれば「爆発的な売れ方はしていないが、固定ファンも多く確実に数は捌けている」といった様子。ただ、これまでとは違い 発売日の午前中には売り切れることの多かったDS Lite本体同梱版の動きは鈍いという。DS Lite本体が潤滑に市場に回るようになったため、ファンとコレクター以外が同梱版を購入しなくなってきているのではないかと、予想するスタッフもいた。

「SDガンダム GGENERATION CROSS DRIVE」

16時前後でようやく売り切れのショップも出てきた、本体同梱版。同梱の本体表面には“RX-93 νGUNDAM”(ニューガンダム)をモチーフとしたデザインが施されている

通常版にも、初回特典、ガンダムウォー特製プロモーションカード、予約特典DSソフトケースが付いた

FFは苦戦

 この日は、SDガンダムシリーズ以外に「ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム」も発売となった。昨年3月に発売されたFFXII。その北米版をベースに新たな要素を加えた本作品。秋葉原のショップの反応は予想を超えて渋い様子。
 FFXIIの評価が足を引っ張っていることや、インターナショナル版といってもシナリオが違うわけではないので、「売れ行きはこの程度では?」とショップスタッフからは辛辣な意見が多く聞かれた。
   それとは対照的に思ったより好調という声が聞かれたのが、やはり息の長いシリーズ作品の1つであるPSP用「ワイルドアームズ クロスファイア」だ。大きく取り上げるショップは少なかったが、大作シリーズ2本と同時発売の中では頑張っているようだ。

「ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム」

特典のDVDにはPV以外にも、ダイジェストムービーが収められているなどボリュームは満点のようだが……

「ワイルドアームズ クロスファイア」

ソフマップ秋葉原店アミューズメント館とメッセサンオー本店では、それぞれショップ特典テレカが付いていたが、これらのショップ以外でも好調という話が聞かれた

 PCで人気の“キャッスルファンタジア”シリーズ。そのシミュレーションRPGパートの「聖魔大戦」とAVG「アリハト戦記」の2つのゲームが1タイトルにまとめられた「キャッスルファンタジア アリハト戦記」がPS2版で発売となっていた。キャラクタゲームということもあり、予約数は集まっていたようで、今日一番売れているタイトルと話すショップもあったほど。また、店舗特典が付いていたタイトルには同じくDS用シミュレーションRPG「偽りの輪舞曲」も発売に。
 このほか、女性向けのタイトルには、先週も予約が好調とお伝えした「翡翠の雫 緋色の欠片2」や「xxHOLiC ~四月一日の十六夜草話~」なども発売された。

「キャッスルファンタジア アリハト戦記」

特典テレカは、ゲーマーズ、ソフマップ、メッセサンオーなどで付いていたようだ

「偽りの輪舞曲」

「偽りの輪舞曲」の特典テレカはソフマップのみで確認できた。夏の寝苦しい夜を絵外のか着崩れた浴衣姿のイラストは、ちょっとエロイ!!

「翡翠の雫 緋色の欠片2」/「xxHOLiC ~四月一日の十六夜草話~」

女性向けタイトルに付く特典は、テレカではなくドラマやボイスなどの音声CDなどが多い様子

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ