ASCII倶楽部

このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」 ― 第76回

PCゲーム上にfps(フレームレート)を表示させる便利な無料ソフト

2018年05月19日 16時00分更新

文● ジサトラショータ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しいAPIを採用したゲームでもフレームレートを計測できる

 どうも、ジサトラショータです。ゲーミングPCやグラフィックスボード単体の性能をあらわす代表的な指標といえば、実際のゲームを動かした際のフレームレート(fps)ですよね。高いfpsを安定して出せることはそのままゲームプレイの快適さに直結しますから、人気ゲームの最高設定で60fpsを超えられるかどうかが、ゲーミングPCやグラボ選びの基準とされることも珍しくありません。

 そんなフレームレート計測は、ゲーム内に計測機能がないことも多いので、だいたいの場合PCのソフトウェアを利用します。代表的なものがシェアウェアとして配布されている「Fraps」。DirectXやOpenGL対応の幅広いゲームで利用でき、非常に便利なのです。しかし、DirectX 12やVulcanといった比較的新しいAPIを採用したソフトでは利用できないという欠点もありました。

 そこで徐々にシェアを伸ばしているのが、「OCAT(オーキャット)」というツールです。

今週の研究員

ジサトラショータ
 ジサトラのフレッシュスムージー。趣味はオンラインゲームだが、基本的に友人とチャットばかりして冒険には出ない。最近はDiscordが便利すぎてついにゲームすら立ち上げなくなった。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!