このページの本文へ

Intel「Core i9-7980XE」、「Core i9-7960X」、「Core i9-7940X」

ついにきた18コア「Core i9-7980XE」など3モデルが発売

2017年10月25日 22時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのエンスージアスト向けとなるハイエンドCPU「Core X」シリーズから、18コア/36スレッド仕様の最上位モデル「Core i9-7980XE」など3モデルが登場。複数ショップで今日25日から販売が始まった。

ハイエンドCPU「Core X」シリーズから登場した「Core i9-7980XE」など3モデル

 登場したのは、開発コードネーム“Skylake-X”と呼ばれるハイエンドCPU。10コア/20スレッドモデル「Core i9-7900X」や12コア/24スレッドモデル「Core i9-7920X」に続く上位3モデルだ。

18コア/36スレッド仕様の最上位モデル「Core i9-7980XE」。入荷数は非常に少ないが、価格も高価。複数ショップで完売となっていた

 ラインナップは、「Core i9-7980XE」(18コア/36スレッド/クロック2.60GHz/TC時4.20GHz/キャッシュ24.75MB/TDP165W)、「Core i9-7960X」(16コア/32スレッド/クロック2.80GHz/TC時4.20GHz/キャッシュ22MB/TDP165W)、「Core i9-7940X」(14コア/28スレッド/クロック3.10GHz/TC時4.30GHz/キャッシュ19.25MB/TDP165W)。

ハイエンドCPU「Core X」シリーズが出そろった格好

 注目は、やはり18コア/36スレッド仕様の最上位モデル「Core i9-7980XE」。入荷数も少ないが、販売価格は約24万6000円という非常に高価な製品ながら、すでに複数ショップで完売していた。なお、そのほか「Core i9-7960X」は約20万9000円、「Core i9-7940X」は約17万2000円で販売中だ。

さすがに、どのモデルも販売価格は高い。X299マザーボードと組み合わせて使うためコストもかかるが、その分パフォーマンスには期待がかかる

 販売ショップは、パソコンショップアーク、オリオスペック、ドスパラ秋葉原本店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中