このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第135回

ドコモ「ahamo大盛り」狙いは収益回復か

2022年03月28日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは2022年6月より「ahamo大盛り」を開始する。これまでahamoは20GBで2970円だったが、1980円のオプション料金を支払うことで80GBが付与され、合計100GB利用できるようになるという。

 「ahamo大盛り」の発表を受けて、ネットでは「ahamo大盛りにすると4950円。使い放題の5Gギガホプレミアは割引が適用されると4928円。どちらにしようか迷う」といった声が聞かれた。

 確かにahamo大盛りと5Gギガホプレミアの値段の差はほとんど無いと言っていい。しかし、ahamo大盛りの場合、海外ローミングが20GBまで無料、国内の5分までの音声通話が無料といったメリットがある。

 一方で、5Gギガホプレミアはデータ量が無制限で、テザリングも使い放題という特徴がある。

 実際のところ、NTTドコモではahamo大盛りと5Gギガホプレミアで狙うユーザー層が全く異なっている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン