このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第132回

赤字過去最大の楽天、黒字化の鍵握る「楽天シンフォニー」

2022年02月21日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天グループの赤字が止まらない。

 2月14日に発表した2021年12月期の連結決算は最終損益が1338億円と過去最大の赤字となった。

 原因は楽天モバイルのネットワーク関連だ。基地局への設備投資に加えて、自前エリア以外ではKDDI網にローミングするため、その接続料が足を引っ張っている。KDDIが1月に決算説明会を開いているのだが、その際、634億円がグループMVNO+ローミングの収入と発表していた。KDDIの髙橋誠社長は「多くは楽天モバイルからのローミング収入だと思って良い」と語っていることから、楽天モバイルからKDDIへ数百億円規模のローミング費用が流れている計算になるのだ。

 楽天モバイルにとっては早期に自前エリアを広げ、ローミングへの出費を抑える必要がある。ちなみに楽天モバイルは2月4日に全国の人口カバー率が96%を達成した。今後も100%を目指してエリアを広げていくが、99%の後半ぐらいまでは地上の基地局を増やしつつ、残りのゼロコンマ数%は衛星を使って、宇宙から電波を吹き、一気に100%を目指す「スペースモバイル計画」を掲げている。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン