このページの本文へ

IoT H/W BIZ DAY 2021 第3回

コロナ禍や自然災害でより求められるICTの実効性 IoT・AI×防災関連事業を探る基調講演【11/19開催】

2021年10月05日 11時00分更新

文● ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASCII STARTUPは11月19日(金)、IoT、ハードウェア事業者に向けたビジネスカンファレンスイベント「IoT H/W BIZ DAY 2021 by ASCII STARTUP」をオンライン開催します。配信チケット価格は無料で、申し込み先着300名様に特典の送付を予定しています。

 10時からは基調講演として、IoT・AI×災害での市場の可能性・切り口はどこにあるのかを語る特別セッション「災害時のICTが抱える課題の俯瞰 ~今後のビジネスチャンスを探る観点から~」を開催します。

■■イベントレジストでお申し込みはこちら■■

■■Peatixでのお申し込みはこちら■■

セッション内容

コロナ禍という世界的な“災害”を現在進行形で経験している現在、AIやIoTといったデジタルテクノロジーによる自然災害に対する備えもより実効性が求められている。特に近年注目が高まっているスマートシティーやデジタルツイン、サプライチェーン・マネジメントといったキーワードにおいても防災視点は欠かせないが、企業による防災関連事業のマネタイズは難しい領域となっている。IoT・AI×災害での市場の可能性・切り口はどこにあるのか、防災とICTをテーマにしたプロジェクト参画や関連執筆の多い総務省 国際戦略局 山口真吾氏を迎え、災害時の「通信」や「情報」が抱える課題を俯瞰しつつ、ビジネスの方向性を基調講演としてお届けする。

登壇者

総務省国際戦略局宇宙通信政策課長
山口真吾氏

1995年早稲田大学理工学部電子通信学科卒業、同年郵政省(現総務省)入省、1999年英国シティ大学(現City, University of London)修士課程修了、専門は情報通信政策、海外輸出戦略、防災情報システム論など。2014年早稲田大学政治経済学術院非常勤講師(兼務)、2015年総務省情報通信国際戦略局技術政策課企画官、2017年慶應義塾大学環境情報学部准教授(有期)、2021年7月より現職。

『IoT H/W BIZ DAY 2021 by ASCII STARTUP』

■⽇時:2021年11⽉19⽇(⾦) 9時開始、19時終了予定
■内容:複数のセッション実施、ピッチイベント、交流会(参加申し込み先着300名限定)他
※詳細は、決定次第改めて発表致します。
■主催:ASCII STARTUP
■協賛:アリババクラウド・ジャパン、IoT Maker's Project、SEMIジャパン
■協力:オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)、IP BASE、ものづくり創造拠点 SENTAN、京都リサーチパーク、Monozukuri Ventures
■公式サイト:https://iot-ascii.com/

■■参加登録はコチラから!(予約ページに遷移します)■■

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ