このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第633回

スクエアなインスタント写真が撮れる「コダックMini Shot 3レトロ」を衝動買い

2021年05月20日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コダックMini Shot 3レトロ(C300R)は、1963年にカートリッジに入った装着容易なカセットフィルムを利用する“INSTAMATIC CAMERA”という新ジャンルを築いたコダックが、昇華型熱転写プリンターをベースに開発したプリントデジカメだ!

 今では富士フイルムのチェキに代表されるインスタントフォトの元祖であり、一世を風靡したポラロイドはその昔、2度ほど“チャプターイレブン”(米連邦破産法11条)の適用を受け、民事再生を実施し、今では関連会社が経営を引き継いだり、ブランド譲渡を受けた企業がその運営を細々と続けている。

 一方、コダックは“インスタマチック”と呼ばれる従来のロールフィルムを、最初からカートリッジに収めた極めて扱いやすい商品を世に出したが、いずれもデジタル化の遅れや競合企業の躍進で市場の第一線からは退いてしまった。

 今回ご紹介する“コダックMini Shot 3レトロ”はここ数年、デジタルフォトプリンターで復活を果たしたコダックブランドのデジタルカメラと昇華型熱転写プリンターのコンボ(組み合わせ)モデルであり、チェキやライカなども注力する市場だ。

プリンター付きインスタントデジカメは、代表機種の富士フイルムのチェキをはじめ、ライカまでもが参入するおもしろい市場だ

 今回、筆者が衝動買いしたMini Shot 3レトロは、往年のポラロイドカメラを彷彿とさせる少し小振りな縦横3インチ(76×76mm)のスクエア写真を印刷できる「C300R」というデジカメ+フォトプリンターモデルだ。

Mini Shot 3レトロ本体と専用プリンターカートリッジが必要だ

 フィルムとして、コダックの“インスタントフォトペーパーカートリッジ”(SQUARE)を使用する。カートリッジにはロール型の昇華型熱転写インクリボンと印画紙10枚が入っている。

カートリッジにはスクエアな専用印画紙とロール型のインクリボンが10枚分

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン