このページの本文へ

200MB以上のデータもアップ可能に

日本語特化のAI文字起こしサービス「Rimo Voice」が動画のアップロードに対応

2020年11月26日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Rimoは11月24日、日本語に特化したAI文字起こしサービス「Rimo Voice」が動画のアップロードに対応したと発表した。

 動画のアップロードに対応したことで、200MB以上のデータもアップできるようになった。動画のアップロードから文字起こしをする場合の価格は30秒/33円。

 アップロードした動画の文字起こしデータは字幕として表示可能で、資料がメインで表示される研修や勉強会、全社会などのコンテンツが共有しやすくなるとのこと。アップした動画データは、動画ストリーミング形式で内部変換されるためウェブ上でスムーズに再生できるほか、再生箇所の前後の文章がハイライトされる機能も備える。

 あわせて、文字起こしデータの編集機能も強化し、各文章に改行および話者を手動で追加できるようになった。

■関連サイト

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ