このページの本文へ

A.L.I. 、SBSホールディングスと共同で物流ドローンを試験を実施

2020年07月29日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 A.L.I. Technologiesは7月29日、総合物流企業SBSホールディングスと、日本国内過疎地を想定した物流ドローン試験を開始すると発表した。

 物流業界では、ドライバーや倉庫作業員の人材不足について叫ばれて久しく、さまざまな改革や進化が求められている。A.L.I.独自のUAV管制システム「C.O.S.M.O.S(コスモス)」はUAVの群制御、航空管制を可能にするトラフィック管理プラットフォームである、UAVの自動運用の原則となる、機体の健全性、運用の確実性、周辺と運用者の安全性をより確実に計画・監視・管理することを可能にする。

 試験では、物流ドローンの社会実装に向けて安全対策および正確なオペレーション構築を行なったうえで、効率や実用性の啓蒙についても併せて行なう予定としている。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ