このページの本文へ

営業支援ツールSenses、OCR機能を提供開始

2020年06月09日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マツリカは6月8日、クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」にてAIを用いて画像から文字データを取り込むOCR機能を提供開始した。

 Sensesはカード形式で感覚的に案件管理ができるSFA。蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析し、いつ・誰に・何を・どのように行なうかをアシスト。情報蓄積の文化醸成やデータを活用した人材育成など、営業チーム変革へのアプローチが可能になるという。

 新たに利用可能になったOCR機能は、画像から文字データを作成し、営業活動情報として登録、カメラで撮影/保存済みの画像から文字を読み込み、営業活動情報としてSensesに入力できる。

 営業活動情報の取り込み機能はSenses全プランのユーザーが利用可能。名刺の取り込み機能は1ユーザーあたり月額500円のオプションとして提供する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ